‘16.11.15届☆コノミヤ×グリコ☆ボジョレー・ヌーボー当選(引換券)♪




コノミヤ×グリコから ボジョレー・ヌーボーの引換券が当選しました♪

p1030850

ウチは パパがボジョレー・ヌーボーを楽しみにしていて 毎年届くのを楽しみにしています。

ボジョレー・ヌーボーに応募し始めたのは 2010年。

それが当たったことがきっかけで 11月にはボジョレー!って家族で楽しみになるようになりました。

ほぼ毎年ボジョレーが当選しています

応募は 毎年各スーパーでみかけるのですが どれも一口ずつしか応募をしていません。

・・・というより わたしの応募スタイルが 基本的に 1キャンペーン1口。っていう感じなんです。

今回は コノミヤ×三幸、コノミヤ×明治、コノミヤ×グリコ、ナショナル×三幸の4種類に一口ずつ応募していました。

そのうちのひとつが当選したってことですね^^

2010年から応募し始めて 以来 ありがたいことにほぼ毎年ボジョレーが届いています

【2010年】オークワ×キューピー

2010

【2011年】近商×グリコ

2011

【2012年】オークワ×キューピー

2012

【2014年】コノミヤ×グリコ&コノミヤ×三幸

2014

【2015年】コノミヤ×明治

2015

今年はどんなボジョレー・ヌーボーかな( *´艸`)

毎年気になるキャッチコピー

ボジョレー・ヌーボーといえば その年のボジョレーの出来・不出来がわかるようなキャッチコピーがありますよね。

めっちゃアピールしているキャッチコピーばっかりなんですけど 気がついたら「今年のキャッチコピーはどんなのかな~?」なーんて楽しみになるようになりました。

そこで ちょっと調べてみました。

  • 1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
  • 1985年「近年にない上物」
  • 1992年「過去2年のものよりフルーティーで、軽い」
  • 1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 1996年「10年に1度の逸品」
  • 1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
  • 1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
  • 1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
  • 2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
  • 2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
  • 2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
  • 2003年「110年ぶりの当たり年」
  • 2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
  • 2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
  • 2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
  • 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
  • 2010年「2009年と同等の出来」
  • 2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
  • 2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
  • 2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
  • 2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
  • 2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

引用元:ウィキペディア

これは 販売業者さんたちがつけたキャッチコピーだそう。ほんとの味は実際に飲んでみて決めることになりますね。味の感じ方は人それぞれですもんね(*^-^*)

ボジョレー・ヌーボーって他のワインとどう違うの?

毎年毎年 当選させてもらってるのに 飲む係はもっぱらパパで わたしは いまひとつ ボジョレー・ヌーボーってほかのワインとどう違うの?っていうレベルなのです(;´∀`)

調べてみると ボジョレーとは フランスのブルゴーニュ地方の地区の名前で ヌーボーは「新しい」という意味だそうで

「ボジョレー地方で作られた新しいワイン」とのこと。

ワインの中には 「ボジョレー・ワイン」というものもあるそうですが 今年の新しくできたものを「ボジョレー・ヌーボー」というようです。

ワインは何年も寝かせて作るものも多いけれど ボジョレーはその年にできたばかりのワインなんだって。へぇ~。

当たったのは ボジョレー・ヴィラージュというワンランク上のもの

ボジョレーヌーボーには、ただのボジョレーの他に、ボジョレー・ヴィラージュといわれるものがあるそうです。

ボジョレー・ヴィラージュは 限定された製品で 収穫量やアルコール度数などの基準もきびしいといわれています。

ボジョレーの解禁日は 毎年11月の第3水曜日 と決まっていて 今年は 11月17日解禁です。

引換券は 11月17日以降と書かれていますが もちろん解禁日に引換に行く予定。

飲み比べて楽しまれる方も・・・

ボジョレー好きな方は 毎年飲み比べも楽しまれているようです♪

楽天で レビュー400件以上もある 飲み比べられるボジョレーがあるのを見つけました(*^-^*)